下校時と通学時の防犯の問題にしっかり対処する

   

小学生などの小さいのお子様をお持ちの親御さんはもちろんのこと、中学生以上の比較的成長の進んだティーンのお子様でも、通学の為に一歩自宅から外に足を踏み出せば、無事帰宅できるのか不安を覚えることは少なくないでしょう。メディアで取り上げられるトピックを踏まえれば、そのような親御さんがご心配を抱くのも、もっともなところです。しかしいくら心配といえども、毎日の登下校を送迎すると言うわけにも行かないでしょう。
お子様にも友達がいて、社会的関係を広げることも、大人に成長するなかで重要です。登下校は友人との関係を深める場面でもあり、親御様の保護の下での送迎も好ましくない側面もあります。そこで利用を検討したいのが、「見守りサービス」です。お子様の行動を把握しながらも、自主独立性を損ねることもないのが特長です。

小学生の防犯に役立つ利用スタイル

登下校で特に親御さんが懸念を抱かれるのは、保育園や幼稚園を卒園してから日が浅い、小学校低学年くらいのお子様でしょう。JR東日本のSUICAを活用した見守りサービスでは、お子様の登下校の様子をメールでお知らせすることで、その都度通学路を問題なく経過しているのかを確認する事が出来るのです。例えば、自宅の最寄り駅と目的地の降車駅の、おのおのの改札口を通過した旨がメールで通知されます。
お子様も成長して高学年頃にさしかかると、行動範囲が広がり親御様の想定できない場所にまで出かけることもあり得ます。この点、「見守りサービス」を活用すれば、改札の通過時間からおよその帰宅時間の目安とする事が出来るのです。またお子様の改札口の通過時間を知ることで買物の時間を計画立てて、使うことにも繋がります。

行動範囲が広がる中高生でも御利用になれます

成長して中高生の、いわゆるティーンの年齢に差し掛かると行動範囲は劇的に拡大を見せます。電車通学も一般的になり、塾や部活動、あるいは友人と連れ立っての遠出の機会が増えるなど、親御様の心配や不安の材料も増えることになるのは確かです。中高生になったのだから大丈夫とは、頭では思っていても防犯上の懸念はむしろ成長につれて増大する側面があることも否めません。
この問題にも「見守りサービス」を活用すれば、SUICAと連動してお子様の乗車や降車時間を自動的に把握出来るので、お子様に束縛間を感じさせること無く、行動を確認すことに繋がります。またお子様自身にとっても、帰宅時間の予測可能性を親御様に自動提供できるので、友達との時間を大切にしながらも、防犯上の懸念は解消され親御様との関係を良好に維持できることに役立つのです。

塾や習い事で電車を利用するお子さまを持つ保護者さまにとっては、うれしい見守りサービスとなります。 当社のサービスは今後はさらに、首都圏へ順次拡大を増やしていっております。 いつも必ず使う「ICカード」で見守りができます。子どもが改札を通過する際にお知らせが届くため、タッチし忘れることもなく見守りもできます。 JR東日本、山手線・中央線(東京~高尾駅間)にて、当社のサービスを開始いたしております。 子どもの通学防犯ならまもレールへお任せ!

ピックアップ記事

通学の防犯のため通知をしてもらう

昔は授業が終わった学生も、のんびりと道草をしながら家路についたものです。現代では時代も変わり、小学生では集団行動をとって家路につきますが、中学生ともなると、部活やその他で個人の帰りはまちまちとなるので...

通学時の子供に対する防犯意識

送り迎えや送迎バスでの送り迎えが一般的な幼稚園・保育園と比べて、小学校になると自分で通うのが通常になります。常に見ていてあげられなくなることや、行動範囲が少し広がることが不安になってしまうのが小学生で...

適度な距離で通学を見守る防犯対策

地方であれば、地元の公立小学校に進学する児童は集団で登校するというのが当たり前の光景でしょう。保護者や地域のボランティアの存在が、子どもたちの登下校を見守ってくれるというのも少なくありません。しかし小...

通学時における防犯対策グッズ事情

近年では、子供が被害者になっている事件や事故が増えています。被害が起きてしまった後では取り返しがつかず、後悔してもしきれないでしょう。被害の大きさに関係なく、トラブルに巻き込まれないようにするために、...