通学の防犯のため通知をしてもらう

   

昔は授業が終わった学生も、のんびりと道草をしながら家路についたものです。現代では時代も変わり、小学生では集団行動をとって家路につきますが、中学生ともなると、部活やその他で個人の帰りはまちまちとなるのです。また高校生に進学すれば、家からの距離も随分と遠くなるのが通常で、交通機関を使っても下車したところから家まで近いとは限りません。
子供が家に帰りつくまでに何があっても、逐一両親がその状態を知ることは不可能といえます。普段から我が子を信頼しているものの、毎日帰宅するまでに家や親に電話やメールの通知を強要するのも行き過ぎた行為であり、子供に干渉しすぎて親の信頼さえ失いかねません。しかし家族にとっては、無事に何事もなく子供が帰宅するまでは心配なものです。

通学のための防犯をどう守れるか

まだ世間を良く知らない小さな子供は勿論、一人で行動するようになった学生の通学で、両親が子供のためにできる防犯のための守りを、どうすれば良いのかと考える人たちも多いのです。小学生や中学生の部活後の迎えなどは出来ても、毎日付きっ切りで学校への送り迎えをすることは中々大変です。両親が共働きで、子供の帰宅時に家には誰もいないといった家庭は沢山あるのです。
家族が共に働きながら安心して子供を送りだしたり、迎えたりということが出来にくい時代になったとも言えます。小学生の通学では行きが団体行動、帰宅時は道路に黄色い旗を持った交通整理をしてくれる人、或いは学校の先生が同行します。それ以上の学年の帰宅に関しては、このように見守ってくれる人たちの姿がありません。

まもレールの存在を知って役立てる

現代の問題点とも言われる、こういった状況に対応しているのがまもレールの存在です。東日本旅客鉄道株式会社と、セントラル警備保障株式会社との共同事業で行っているものです。子供の日ごろの安全対策として見守りなどをするサービスが「JR東日本子ども見守りサービス」になります。日常生活で子供の行動範を随時見守ってくれる、信頼のおけるサービスが登場しました。
この「まもレール」に登録しているだけで、家族が子供への心配をせずに安心して仕事に打ち込めるのです。何かあった時には通知で知ることが出来るので、子供から離れていても随時知らせてもらえるのです。いくら親といっても出来ることばかりではないので、安心して任せられるサービスがあれば活用するのも良い選択となります。

ピックアップ記事

通学の防犯のため通知をしてもらう

昔は授業が終わった学生も、のんびりと道草をしながら家路についたものです。現代では時代も変わり、小学生では集団行動をとって家路につきますが、中学生ともなると、部活やその他で個人の帰りはまちまちとなるので...

通学時の子供に対する防犯意識

送り迎えや送迎バスでの送り迎えが一般的な幼稚園・保育園と比べて、小学校になると自分で通うのが通常になります。常に見ていてあげられなくなることや、行動範囲が少し広がることが不安になってしまうのが小学生で...

適度な距離で通学を見守る防犯対策

地方であれば、地元の公立小学校に進学する児童は集団で登校するというのが当たり前の光景でしょう。保護者や地域のボランティアの存在が、子どもたちの登下校を見守ってくれるというのも少なくありません。しかし小...

通学時における防犯対策グッズ事情

近年では、子供が被害者になっている事件や事故が増えています。被害が起きてしまった後では取り返しがつかず、後悔してもしきれないでしょう。被害の大きさに関係なく、トラブルに巻き込まれないようにするために、...


利点