通学時の子供に対する防犯意識

   

送り迎えや送迎バスでの送り迎えが一般的な幼稚園・保育園と比べて、小学校になると自分で通うのが通常になります。常に見ていてあげられなくなることや、行動範囲が少し広がることが不安になってしまうのが小学生です。しかし、防犯の意識を持ってリスクを回避するにはまだまだ心細いため、親としては心配が尽きません。
かといって、毎日学校までついていくわけにはいきませんし、少し帰宅時間が遅くなったからといって見に行ったり、帰って来てから根掘り葉掘り何をしていたのか聞きとりをするのも、お互いにストレスが溜まってしまいます。ですから、子供の防犯に対する意識を、どのように高めるのかが大切になります。

子供が被害者になるケースの特徴を知る

子供が被害者になっているニュース報道を見ると心が痛み、他人事とは思えないという方も多いのではないでしょうか。被害にあわないためには、被害をうけたケースの特徴を知る必要があります。
まず、子供が被害を受けることが多い時間帯と言われているのが、午後2時から6時です。これは、子供が下校したり習い事や遊びにでかけたりする時間帯です。比較的一人になりやすく、たとえわずかな時間でも一人になることでトラブルに巻き込まれることがあります。
次に、マンションなど集合住宅に住んでいる場合は、エレベーターも要注意です。二人きりの空間になりやすく、逃げ場がないためトラブルが起こりやすい場所と言われています。また、帰宅して家へ入る時も気をつけなければなりません。ここまで特徴をいくつか挙げましたが、これらはほんの一部です。上記以外にも気をつけなければならないことはたくさんあります。

子供を被害から守るために

知らない人には付いていかない、一人にならない、一人で遊ばない、外に出る時には「誰と、どこで何をするか、何時に帰宅するか」を伝えてからでかける、万が一被害に遭いそうになったら大声で助けを呼ぶなど、日頃からきちんと子供の行動を把握し、親子で話し合いの場を持つようにしましょう。話し合うことが、子供を被害から守るポイントにもなります。
また、不審者情報を確認したり、通学時に変な人を見かけなかったか子供に聞き取りしたりすることも、子どもを守るうえで大切なことです。子供の中には、なかなか自分から言えないという子もいますので、日頃から子供の様子をよく見ておくようにしましょう。
この他にも、通学路や家の周辺で危険な場所がないかなど、親子で確認しておくことも重要ですし、何かあったときに逃げ込んだり、困ったことがあったときに立ち寄ったりできる場所も確かめておくと安心です。

ピックアップ記事

通学の防犯のため通知をしてもらう

昔は授業が終わった学生も、のんびりと道草をしながら家路についたものです。現代では時代も変わり、小学生では集団行動をとって家路につきますが、中学生ともなると、部活やその他で個人の帰りはまちまちとなるので...

通学時の子供に対する防犯意識

送り迎えや送迎バスでの送り迎えが一般的な幼稚園・保育園と比べて、小学校になると自分で通うのが通常になります。常に見ていてあげられなくなることや、行動範囲が少し広がることが不安になってしまうのが小学生で...

適度な距離で通学を見守る防犯対策

地方であれば、地元の公立小学校に進学する児童は集団で登校するというのが当たり前の光景でしょう。保護者や地域のボランティアの存在が、子どもたちの登下校を見守ってくれるというのも少なくありません。しかし小...

通学時における防犯対策グッズ事情

近年では、子供が被害者になっている事件や事故が増えています。被害が起きてしまった後では取り返しがつかず、後悔してもしきれないでしょう。被害の大きさに関係なく、トラブルに巻き込まれないようにするために、...


利点