通学時における防犯対策グッズ事情

   

近年では、子供が被害者になっている事件や事故が増えています。被害が起きてしまった後では取り返しがつかず、後悔してもしきれないでしょう。被害の大きさに関係なく、トラブルに巻き込まれないようにするために、家族や地域で防犯の意識を高めるのは大切なことです。
子供の安全を守るため大人ができること、それは、しっかりとグッズを使用させるということではないでしょうか。最近では、トラブルを防止するためのグッズも進化しつつありますし、小学校入学時にブザーを配布する学校も多く、地域での防犯意識も高まっています。
通学時に、このブザーを付けているだけでもトラブルを未然に防ぐ効果が期待できますし、ボタンを押したり紐を引っ張ったりするだけで大きな音が鳴り、周囲に危険を知らせること可能です。昔のものと比較すると、音も大きく使いやすいものが多くなっていますので、選ぶ際には性能を重視しましょう。

安心して子供が使用できる防犯グッズ

子供の通学時、または友人と遊びに行ったり塾に行ったりする時に、安全を確保するためのグッズが人気です。先ほど紹介したブザーはもちろんですが、反射シートやキッズケータイ、まもレ―ルなど、子どもの安全を守るための方法はたくさんあります。
最近は、共働きの家庭も増え、子供の年齢が高くなってくると帰宅時に母親がいないこともあり、現在どこにいるのかについては把握しきれない所があります。また、年頃になってくると、外出先の事について保護者に伝えずにでかけてしまうケースも少なくありません。
ですから、安心して子供が使用できるグッズというのは重要です。子供を守ることができるグッズにどのような物があるのか、まずは大人が知っておくことが大切です。

効果的にグッズを使用するために

子供にグッズを持たせているから安心ということはありません。たとえ持っていたとしても、そのグッズを間違いなく使えなければ意味のないものになってしまいます。
効果的に使用するためにも、大人が使い方を把握し、子供に正しく教えることが重要です。例えば、ブザーなら必ず子どもの手が届く位置につけるようにしましょう。必要な時に手元になければ、鳴らすことすらかないません。ふざけて遊ぶようなことをしないように指導することも大切な親の役目です。
まもレ―ルなどのように、子供が操作しなくても親に通知が届くシステムもありますので、サービスの仕組みを理解して、日常生活に取り入れるのも効果的でしょう。

ピックアップ記事

通学の防犯のため通知をしてもらう

昔は授業が終わった学生も、のんびりと道草をしながら家路についたものです。現代では時代も変わり、小学生では集団行動をとって家路につきますが、中学生ともなると、部活やその他で個人の帰りはまちまちとなるので...

通学時の子供に対する防犯意識

送り迎えや送迎バスでの送り迎えが一般的な幼稚園・保育園と比べて、小学校になると自分で通うのが通常になります。常に見ていてあげられなくなることや、行動範囲が少し広がることが不安になってしまうのが小学生で...

適度な距離で通学を見守る防犯対策

地方であれば、地元の公立小学校に進学する児童は集団で登校するというのが当たり前の光景でしょう。保護者や地域のボランティアの存在が、子どもたちの登下校を見守ってくれるというのも少なくありません。しかし小...

通学時における防犯対策グッズ事情

近年では、子供が被害者になっている事件や事故が増えています。被害が起きてしまった後では取り返しがつかず、後悔してもしきれないでしょう。被害の大きさに関係なく、トラブルに巻き込まれないようにするために、...


必要なこと